タバコを捨てその日に通販で買ったチャンピックス!今日から禁煙

禁煙補助薬の役目

煙草の葉の中に含まれている天然由来の物質であるニコチンは脳に到達するまでが非常に早い即効性を持つ物質であり、これは強い神経毒性を持っている事を意味し、急性の毒性を示す指数の一種である半数致死量は0.5~1mg/kgであり、この指数は劇薬物である青酸カリの数値を倍異常上回るとされ猛毒である事が分かり、また喫煙は癌を発症させる危険を伴う物質でもあり本物質自体に発癌性はないものの、その代謝される物質であるニトロソアミンには発癌性がある事が確認されています。

また喫煙を複数回行う事で依存症を発症させると言われ、危険薬物であるコカインまたはヘロイン等と比較しても同等あるいはそれ以上に依存性が高いとも言われ、猛毒でありまた体が依存してしまう事により禁煙を難しくしてしまい、脳にあるニコチントランスポーターに結合する事でドパミンが分泌され美味しいや気持ちが満たされる等の感情が生まれより一層禁煙を難しくしてしまいます。

依存する事でこれと表裏一体の関係にあるのが離脱症状であり、急に喫煙を中止すると苛立ちや集中が困難あるいは手が震える等の辛い症状が起こる様になり、強い意志のみでの禁煙は難しいとされこれまでにもニコチン置換療法として体に貼るパッチやガム等のニコチン製剤により置き換える事で煙草を止める事が出来るとする補助薬が登場していますが、摂取する事に変わりはなく結局の所、再び喫煙習慣に戻る様になってしまいます。

そこで新たな選択肢として画期的な薬剤である薬剤とされるのがチャンピックスになります。

チャンピックスとは、バレニクリン酒石酸塩を成分として経口投与により喫煙習慣を改善出来る薬になりその成功率は60%を超えるとも言われる薬剤であり、海外製品であれば通販等で購入する事も出来ますが、重篤な副作用を持つ薬でもあるので通販等を利用しての購入は思わぬ事故になるので自己責任での使用となる事に留意しなければなりません。

最もチャンピックスは、条件さえ満たす事が出来れば保険の適応内で処方してもらう事の出来る処方箋薬となるので通販等で危険を犯すのであれば医療機関に行き医師の指導の元での内服を推奨します。

禁煙治療薬チャンピックスを通販で購入する方法